不幸な命を増やさない為に、不妊手術の活動はとても重要な事です。

3.飼い猫・地域猫どちらにするか迷った時は?

保護活動について

《成猫を保護したら》

1.動物病院に行き、健康状態を確認して下さい。

2.避妊・去勢の有無を確認して下さい。

​こねこサポーターでは、飼い猫・地域猫どちらにするか迷った時は、動物病院の先生と相談しています。

猫達にとって、一番良いと思われる策を一緒に考えませんか?

《地域猫活動》

◎地域猫とは?  

地域猫とは、特定の飼い主はいないけれど、もともと猫達が生活している、地域住民の認知と合意の上で共同管理されている猫達の事を言います。

 

Cat Portrait

「こねこサポーター」は、飼い猫に向いていない猫においては、

を推奨しております。

R3.4月より、こねこサポーターは「                     」が発行する

「TNR無料不妊手術チケット」を利用して、

猫達の不妊手術が受けられる様になりました。

不妊手術の費用については、全額どうぶつ基金が負担してくれます。

但し、どうぶつ基金が負担してくれる費用は不妊手術の費用のみです。

不妊手術が直に受けられず当団体で一時保護する場合、ノミ・ダニ駆除の費用・感染症対策等の検査費用においては、依頼主さんでの負担をお願いしております。また、治療、その後の感染予防(抗生物質の処方等)にかかる費用についても、依頼主さんでの負担をお願いしています。

 (費用約5000円程度のご負担)

ご不明な点は、

「こねこサポーター」にご連絡下さい!

《猫の捕獲について》

※猫達の捕獲活動はしておりません!

「ここに野良猫が居るから捕まえて」と言った依頼はお断りしております!

「こねこサポーター」のメンバーは、普段は仕事をしております。各自が空いた時間で、出来る範囲でのボランティア活動です。

捕獲については、「捕獲器」を貸出ししております。

捕獲の方法、捕獲器の使用方法などお伝えさせて頂きます。

其々が、猫達の事について考え行動をして頂きますよう

宜しくお願い致します。

20200509_112705_edited_edited.jpg